スポンサードリンク             

2009年02月02日

近代マグロってどうよ?


近畿大学完全養殖マグロが市場に出てますが食べました?


天然物の半額位ということで人気もあるみたいだけど、プロのシビアな評価では「出てきた時よりは良くなってが、まだ酸味があって本格的なマグロとしてはチョッと厳しい」って厳しい評価もありました。


全身トロマグロって評価もあって、赤身は10%位しかなくて本トロがタップリ取れるとのこと。


ってことは広大な海じゃなく養殖場で育って運動不足ってことですね。


真っ赤な筋肉にプヨプヨな白い脂肪が入ってトロのピンク色とトロケル甘みが出るわけです。


フォアグラみたいに悲惨で極端じゃないにしてもメタボマグロで不健康じゃないのかしら?って思わず想像しちゃいました。


でも、養殖成功まで32年もかかっちゃってマクロビオティック食実践を始めて肉・魚を控えるようになった楽明には当分食べる機会はなさそう。


偶には肉・魚を食べるので、好奇心が辛抱たまらなくなったら食べてみましょう。


近大はマグロより高級魚って言われる「クエ」(別称アラ)の養殖販売もやってて、さすが難波の私大学で商売っ気が盛んですね。(笑)



 



 



posted by 楽明 at 22:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
スポンサードリンク             
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。