スポンサードリンク             

2009年09月19日

鳩山政権の政治主導で行政&官僚改革やっちゃいます?

 

政府の基本方針策定で中心的役割を担う国家戦略室行政刷新会議を創設しまして、鳩山由紀夫首相「政治主導」の政策づくりを本格化させる方針とのこと。

貼り付け元  <http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090918-00000226-jij-pol>

政治主導の方針には賛成であります。

というのも、戦後60年に渡って自民党が政権を取ってきて現在の日本社会があるわけですが、高速道路のような手の付けられない特別会計天下り各省庁の埋蔵金年金問題などなど行政と官僚の目に余る問題は自民党官僚が培ってきたもの。

橋下知事田中知事の発言でも聞かれるように官僚との深い人的&利権的「しがらみ」のある自民党抜本的な改革を望むのはとっても無理な気がするからです。

政治資金規正法にしても、国家予算から政党に資金を出しながら抜け道的な政治献金を是認しているわけで、献金者との癒着体質はなくなりようがないですね。

政治とは本来、政治家があらゆる利害を離れて自己の理念に照らして国家全体的な観点から政策判断・決定すべきものじゃないの?と思う楽明。

今までの自民党ペースでやっていては、表向きは改革姿勢を出しても抜け道ガラガラで骨抜きになるのがオチそう・・・

ということで、政治主導を打ち出して官僚を動かそうとする民主党への政権交代は歓迎で期待もしています。

が、現実にどこまでやってくれるかは未知数であります。

民主党の活動に期待しますが、ダメとなればイヨイヨ政党政治選挙のあり方そのものを改めねばならない気がしてます。

posted by 楽明 at 00:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

定額給付金ってどうよ?


 ようやく定額給付金が出るようになりましたね。


 一人12000円(65歳以上、および18歳以下は20000円)頂けるってアレですが、楽明のところは私と妻で24000円です。


 麻生首相の、高額所得者が受け取るのは「さもしい」発言で物議をかもし、小泉元首相が衆議院での再議決に反旗をひるがえしてゴタゴタしたりと難産でありました。


 国民からすればお金が頂けてアリガタイはずの政策が何やらワケノ解らんミミッチイことをやっとるなァと全然評価されてない感がありますね。


 思うに、国民にお金を短期に使わせることで全国経済に活を入れようって政策ですが、確かに2兆円!!ものお金が短期に動くのは経済的なインパクトがありそうです。


 これが狙いなら、麻生首相は給付金を受け取って率先して「これに使いますよ!皆さんも続いてね」ってやるべきところを「さもしい」ってのは苦しい人への「生活支援」な発言をしちゃいました。


 「生活支援」なら一人12000円では全然不足なワケで、この政策をシラケさせミミッチクしてしまった大チョンボな発言と思う次第。


 ま、何はともあれ有り難く頂く楽明であります。


 が、使い道となると


 取り合えずアップグレードしたいソフトが3本あるけど、コミックスタジオ4.0(25200円)とCUBASE5(50300円)とFLASH CS4(26520円)の1本も買えません。(泣く)


 麻生首相には申し訳ないけど貯めこんでおきます。


posted by 楽明 at 22:34 | Comment(1) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

橋本知事ってもう1年!?

大阪府の橋本知事が就任して1年が過ぎたんですね。


ほんの3ヶ月ほど前の感覚だったのでニュースに驚きました。


毎日が日曜日な楽明は曜日だけでなく月日の感覚もマヒしてるようです。(笑)


太りだした外見が細くなってたけど、カップの春雨を食べてダイエットも頑張ってるんですね。


ニュースでは大阪府庁の南港移転と府と市の浄水施設が淀川沿いに6つもあってムダなのを大阪市のプランを基本に一本化すべく合意するなど前向きな姿勢が印象的でした。


府庁移転への交通の便が悪いとの反対意見には、「それは職員の意見。利便性を求めるのは商の発想で、官が利便性を言うのはおかしい。官は自分が移転することによって、そこに新たな利便性を生み出す発想が必要」と力説されるのに大いに納得共感しました。


又、浄水施設の案件も以前からあったものの、府と市がそれぞれの案を譲らなくて纏まらなかったんですね。


橋本知事は「案としては府の方が優れている」と一矢報いながらも「市の案の方が実現性があるから」と譲る姿勢を示しました。


両案件共、橋本知事の改善改革への真摯さが感じられますね。


「これも府民の方の応援があるから」とは橋本知事が強調されてました。


保守的で反発的な職員や管理職も府民の大きな支持があることで橋本知事の案件は府民の声との認識になって協力的になってきたとのこと。


就任してまだ1年で何の実績もないとコメントされてましたが、これから改革の動きが出てくる手ごたえを感じているとも。


宮崎の東国原知事共々、地方での実績を上げたら後継者に託して国会に乗り込んで国政改革をやらかして欲しいですね。


ご活躍を祈念してます。



 



 



 

posted by 楽明 at 23:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

国民健康保険未納20%超えってどうよ?

今しがた、国民健康保険の未納が年々増えて20%超えて3700億以上もの実質赤字ってニュースが流れました。


咄嗟に、国民年金だけじゃなく国民健康保険もか!!


って思ったけど、年金と保険って老後の生活と健康に関る暮らしの最重要事とも言えますね。


これを守る制度が両方ともガタガタ崩壊しそうな気配で先行きが思いやられます。


そういえば先日、妻が例の如く「パパ、テレビ観て!!」って家内携帯(ソフトバンクで無料です<笑>)がかかってきて観たのがブータン王国を取り上げた番組。


以前は台湾と国交が無かったのか、妻(台湾出身です)は旅行で行けなかったそうです。

 

それが、今では国民の英語教育にも力を入れていて国際的に開かれた国を目指しているようです。


そのブータン王国では医療と教育はタダなんですね。


仏教国ですが、人々は国王を愛し尊敬していて屈託の無い笑顔が印象的でした。


話が後先になったけど、ブータン王国を思い出す前に年金と健康保険は失くして国庫負担にすればいいのに」と思ったんです。


最低限の生活と健康を守る医療は、国家として国が国民に保証すべき第1優先事項だと思いませんか?


であれば、まずこの予算を第一に確保して他の予算は残りの予算で工面するのが順序ですよね。


今の国家財政=国民の税金の使い道からそんな発想はテレビを観ている限りでは伝わってきません。


年金と保健の負担を失くして国庫負担にすればサラリーマンと自営の方の徴収の不公平も無くなりますね。


この発想でバッサリやって欲しいもんです。



 



 



 
posted by 楽明 at 22:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月18日

ブッシュ大統領への靴投げから小泉元首相とNHKへ飛び火しちゃいました。

ブッシュ大統領が、イラク訪問でのマーリキー・イラク首相との共同記者会見で、記者から靴を投げつけられたニュース映像は観られたましたよね。


ブッシュ大統領の反射神経が良かったのはチョッピリ意外だったけど、ネット上では色んな「靴投げゲーム」が早速登場して世界中の反響の反射神経も尋常のなさ。(笑)


靴を投げた記者は「イラク人からのサヨナラのキスだ、犬め!」と叫んだそうで、アラブ世界では足の裏は汚いもの、「犬」も差別用語で相手を蔑むものなんだって。


だから、あの行為はブッシュ大統領を最高に侮辱するものなんですね。


思えばブッシュの親父大統領湾岸戦争主導してイラクの敵になって、悪魔にされちゃったサダムフセインはとうとう米軍に捕まって裁判の後、首吊りで殺されました。


米空軍機の爆撃では<誤爆>でたくさんの民間人が犠牲になったとニュースでも放送されましたよね。


そんなことより、もっと凄いのは、ブッシュ大統領がイラク戦争を仕掛けたのは、<テロ国家>イラクが核を持ってるのは危険で許せん!!ってことだったけど、後で「核は無かった」ってブッシュ自ら認めましたよね。


えっ!?なんだって・・・でしょ。


つまり言いがかりでフセインと罪の無い民間の人々を殺したんですよ。


これはもう、完全な作戦というか悪魔的な所業でしょ。


当時の日本の首相だった小泉元首相は自衛隊派遣問題では一貫してブッシュを応援してましたですね。


例の誤認と誤爆があっても何の迷いや批判もなく応援し続け、訪米してブッシュ大統領に会った時には上機嫌満面の笑顔でプレスリーのマネをする映像が何度も流されましたが、楽明はそれを観る度に白けと情けない気分になったもんです。


真っ当な人道精神みたいな大げさな言い方をするまでもなく、普通の人間的な感覚からしてオカシイでしょ。


その元小泉首相の政治手法といえば、政治・政策論議をすっ飛ばして「郵政民営化に賛成か反対か!!」みたいな単純化された勝負スローガンで国民を煽るパフォーマンス作戦。


色んな政治決定や法律が立法されたはずだけど、具体的な論点と対策がテレビを見てるだけじゃ見えてこないんですね。


だからニュースを観ても、本当には何を狙って何をやらかしたのか、何でその政策や立法がいいのかという本当に知らなくちゃならない肝心な情報は伝えられていなくて、表面をなぞるだけで終わっちゃってるんです。


大問題になってる年金問題にしても、見解や政策を述べる前に、解決策を議論する前提になる現状の正確な情報や議論するに当たって考慮すべき問題などを情報と根拠を示して提示してくれないと当てずっぽうな判断しかできないですよね。


議論するのは政治家に任せているのだから国民は結果だけを知ればいいってことですかね。


そんな理屈も有りかもしれないけど、当の任せた議員達が真っ当な政策・立法を行ったのか判断するには結果だけ知らされても判りませんよね。


だから今の選挙は当てずっぽうなイメージ選挙なんですね。


利益出しが至上命題で熾烈な視聴率競争に晒されてる民間TVにそんなことを求めても無理な話で、本当は国営放送たるNHKがやるべきじゃないですか?


NHKが、視聴率が取れないから<そんな国民が適正な国政判断できるように必要な情報番組を放送することなんか出来ません!!>ってのはおかしいでしょ。


こう観ると、NHKが視聴料で運営されるように立法化されたのは政治家の深慮遠謀だと思えてきますね。


こうなると、楽明はNHK視聴料運営断固反対!!


NHKは税金で運営して政治家や視聴率の影響を受けることなく、真に国民の政治判断に必要な番組を放送するよう法律改正・改革されるべきと提言しま〜す。


まずは国会の全会議をリアルタイムでNHKで公開放送すればいいですね。

 

相撲より大事ですよ、これ。(笑)


小泉元首相に戻ります。


で、小泉元首相は運が強くて、小泉劇場ペースで長期政権を乗り切って楽隠居しましたね。


自民党が元小泉首相の後で迷走して復活待望論があったけど、復帰しなかったのは賢いというか当然じゃないかな。


自分が何をやったか一番分かってるのは小泉元首相自身でしょ。


おいしいところで幕引きをして問題処理は後任せにして逃げたんだろうって勝手に想像してます。


ブッシュさんにせよ小泉さんにせよ、どうやら世界を動かしてる人々の原理は私達庶民の感覚と原理とは別物なんですね。


関るつもりはなくても影響されちゃいますから、騙されないように醒めていたいもんですね。



 



 



 



 



 


 



posted by 楽明 at 02:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク             
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。